借金の負担を減らすには

自己破産が代表的ですが、「任意整理」という方法があります。 利息制限法があり、今までに払い過ぎた利息を元金に組み入れて 計算し直し借金を軽減させる方法です。

ただこの場合、利息制限法に基づいた利息であれば減額できません。 しかし任意整理が行われた後は、利息が無くなります。 無利息で返済できるようになります。

他に「特定調停」がありますが、任意整理とあまり変わりはありませんが 裁判所が介入していることなので、決定した事について 返済の強制力があります。

今借りている金利より安い金利の所へ借り換える方法があります。 金融機関によって条件があります。

借金が5分の1に軽減される、民事再生法があります。 借金の総額500万円から1500万円未満の場合です。 この場合3年から5年以内に分割返済していかなくてはなりません。

資産が多い場合は認められないので注意です。

これについては、収入が安定して継続される人のみです。 そして減額された借金を、毎月必ず返済して行かなければなりません。 ただ、弁護士費用や裁判所に預けるお金が必要となります。 しかし借金が5分の1になるのですから、良い方法ではないでしょうか。 家族や会社などに知られることは、覚悟した方がいいでしょう。

相談

住宅ローンを抱えている場合、このまま借金と一緒に返済することになるので 重くのしかかることになるわけです。 住宅ローンの組み換えなど、金融機関に相談するとよいでしょう。

どの場合にしても一人悩まず、司法書士や弁護士などに相談しましょう。 無料で相談に乗ってくれる所もあります。

管理人の独り言:お金を借りる場合、返済プランさえしっかり持っておけば、借金が膨らむこともありません。カードローンも若干金利は高めですが、一回作っておくと、ちょっと生活費が足りない時にとても便利なのです。返済プランをしっかり立てて上手に使うことが大切ですね。主婦でも借りれるカードローンも最近増えてきているので、自分に合うカードローンを見つけることも重要ですね。